二人暮らし、ささやかに。

先行き不安な、還暦過ぎ夫婦の二人暮らし。

ババァだもの・・・。

「キミ(実際は名前で呼ぶ)ばば臭くなったね」

昨夜、そうのたまったのは夫である。

 

むっ・・・ババァだもの、ババ臭くなって何が悪い!

まぁ・・たしかにね、自分でも鏡を見るのが嫌になるほど齢をとった^^;

どちらかと言うと、実年齢より老けて見られる事の方が多い。

会社勤めじゃなかったので化粧はしないし、

服装も構う必要はなかったので、常にスエット上下が私の作業着でした。

 

最近は、テレビや雑誌でアンチエイジング関連のCMがない日はない。

女性シニア向けのシミやシワ対策の若見えサプリメントの類は特に多い。

長い習慣で、構わずにきた私はセンスも磨かれてないし

今更、おしゃれやアンチエイジングに気を使う気にはなれない。

それにお肌がキレイとかシワ、シミが少ないとかは、

ほぼ遺伝だし、サプリメントを飲んで改善するって言うのは、ちょっと疑問です。

 

夫「キミ、ばば臭くなったね」

私「あなたは、じじ臭くなったわね」と、逆襲。

夫「そ・・そうかな・・」←自覚のないヤツ^^

私「そうヨ。61歳だよ。戦国時代の平均寿命なら、もう死んでるわよ^^」

 

などと・・ババァとジジィの実りない昨夜の会話なのですが、

どうあがいても、年齢という自然の摂理には逆らえません。

見た目はどうあれ、せめて摂生生活を心がけ健康で、

お互いに心配をかけないようにしよう・・という事に話は落ち着きました。

 

くやしい事がひとつだけ・・・夫と私は同年なのですが、

10人が10人「ご主人は年下なの?」って聞かれます。

夫に自覚がないのは、私が老けているせいかも知れません^^;

(イヤ、老けていて当然の年齢なんですけどね^^)