二人暮らし、ささやかに。

先行き不安な、還暦過ぎ夫婦の二人暮らし。

1年と、ちょっと前

どんなに頑張ろうと思っても

脳みそがついていかず仕事が辛かった。

若い頃に天職と思った仕事は年齢とともに段々キツくなっていきました。

 

仕事を断念する状況に陥った時は、

心身ともに、多分、極限状態だったかも・・と思います。

(自分では自覚がないけど、夫の話では そうらしい)

私自身は、まだまだ働けるって思っていましたが

それは突然にやってきました。

 

ある日、PCの前でマウスを握ったまま

考えがまとまらず、まっしろ^^;

その時、これ以上は無理だ・・・そう感じました。

 

そして、仕事人としてはあり得ない、受注した仕事の途中放棄。

お客に迷惑をかけました。ストレスに負けた自分を責めました。

必死で握っていた仕事という綱を離したら

どんな生活(苦)になるかと不安もありましたが、

「なんとかなるサ」との、夫のいつもの如く(根拠のない)

前向きの言葉に思いきりました。

 

 

若い頃に10年間務めた設計事務所から独立し、

約27年間、自宅で細々ですが図面描きの仕事をしていました。

(仕事は主にプラント関係)

年齢と共に仕事に時間がかかるようになり、

昼夜となく仕事に追われる日々でした。眠れない日も続きました。

 

イヤな予感はありました。私・・・病気かもしれない。

 

心療内科を受診するとストレスから来る「自律神経失調症」と言われました。

このままストレスが続くと「鬱」になることも有り得る

と、医者に言われ、迷いましたが仕事を断念。

 

現金なもので仕事を辞めると、3日もすれば体調は見る見る良くなり

夫からは「そんなに仕事が嫌だったの?」と言われました。

仕事を嫌だと思ったことは一度もありませんが、

捗らなくて辛いと思ったことは山ほどありました。

 

そんな仕事から解放されて、ビバ!と思ったのは束の間。

何もすることがないと、怠け者になったようで

これが、またストレス・・・^^;

まったく面倒な女だよ、私は。