二人暮らし、ささやかに。

先行き不安な、還暦過ぎ夫婦の二人暮らし。

結婚しない男子

結婚しない若者が増えているとか・・・。特に男子の未婚率が高いらしい。

一人でいたほうが気楽、同性同士で過ごすほうが楽しいとか・・・。

ホンマかいな・・・シニア層が言うならまだしも

若者が同性同士でいたほうが楽しいなんて どうかしてるゾ。

 

先日、知人二人から

「誰かいい人いないかしら?息子に」って同時に言われました。

私のような交際範囲の狭い人間に、そんなこと尋ねないでよ。

 

二人とも息子が結婚しない・・・と、悩んでいる。

二人の息子ともスペックは悪くない。それにハンサムの枠内。

年収もそれなり。と言うか、田舎では良い方だと思う。

 

それぞれの息子の年齢は35歳、39歳。

知人たちは「こんな年齢になるまで息子が結婚しないとは想定外」と言う。

二人とも長男。親と同居。

20代の頃は、それなりに彼女もいて結婚は近いと思っていた知人たち。

今は彼女のかの字も見かけないそうです。

 

今が一番「快適な生活」と、息子たちは言うそうです。

 

そりゃ・・そうだろう。

母親は何に変えても息子最優先。

食事から、洗濯から、掃除からすべて息子の望む通りにする訳だから。

一人の知人は冬の朝には息子が出勤する20分前に

車のエンジンをかけ車内を暖めるそうだ。

うわっ「それは、やり過ぎだろう」と、思わず言ってしまった私である。

 

それでも、はやくお嫁さんに来てもらって

息子の世話から解放されたいと言っている。

何より、(息子が)年老いて一人で生きる姿を想像すると寂しい・・・と。

そう思うのは、知人たちの家庭が円満な証拠なのであろう。

 

しかし、今の世の中 若者には一人でも寂しくないようにできている。

煩わしい人間関係を避け、一人遊びが出来る仮想世界が充実している。

私も読書やピアノと、一人でいるのは大好きだが、

それも長く続くと、飽きる。なにより人恋しくなるものである。

友人たちと実りのない^^他愛もないお喋りをしたくなる。

 

齢をとれば、自然と周りから人が欠けていく。

若いうちから門戸を閉ざすことはあるまい。

大いに同性に異性にと人間関係を楽しんでほしいと思う。

生身の人間に気を使う煩わしさや、共感や対立も、

時と共に熟成して自分を形成していくものである。

 

一人の人間を「知る」のに結婚ほど適しているものはないと私は思う。

一度お試しあれ と、若者に言いたい。

 

30年ぶりの・・・

今日は映画を観に行きました(無料鑑賞券を頂いたので)

信じられないけど、映画館で映画を観るのは30年ぶりくらいです^^;

我が在所に映画館はありません。

朝はセミの声で目覚め、夜はカエルの声を子守唄に床に就く田舎暮らし。

もっぱら映画は、DVDで鑑賞しています。それも小さなテレビ画面で^^。

 

映画館のある街まで車で往復2時間。遠い^^;

映画館も様変わりしていて、まるで浦島太郎でした。

シネコンって言うんですか?ひとつ映画館に6つもスクリーンがあるんです。

昔は窓口でチケット買って、もぎり譲が半券をもぎ取り

一旦、入場すると1日中映画館に居て何回映画を観ても大丈夫だったのに

今は完全入れ替えの座席指定。館内も小さく200~300の座席数。

 

その200~300席に20人程度の入場者数でした^^(少ないね)

観た映画は夫の希望で「インデペンデンスデイ・リサージェンス」

残念ながら評価は、私も夫も10点満点中3点。

無料で観た割には辛口です^^。

ド迫力の映像なのに、上映中 私はずっとあくびばかりしていました。

映像ほどに心に感動を覚えませんでした。齢なのかしらね・・・^^;

 

因みに最後に映画館で観た(30年前に)映画は

たしか「リトルショップ オブ ホラーズ」というB級映画だったと思います。

今もって、主人公の名前を思い出せるほど、印象にのこっているのに

今日観た映画の主人公の名前は、もう忘れました。

コレって、映画が面白くなかったのか、

それとも私の脳みそが衰えたのか・・どっちなんだろう?・・両方かな?

 

1ヶ月のご無沙汰。

約1ヶ月も更新せず放置状態。

書かないと、ずっと書かないでも平気になってしまいます。

誰に強制される訳でもないので、ま、いいか~と思いますが、

書かないと何も考えないので認知症もどきが加速しそうで怖いです。

毎日の生活に喜怒哀楽がないので記事にするようなこともないし・・・。

還暦過ぎ夫婦の生活って、こんなものなのよね。つまらないワ^^;

 

7月初めに、ピアノ発表会が終わりました。

今回で3回目の参加ですが、毎回緊張します。

私は見かけとは裏腹に(ただ太っているだけなんだけど)蚤の心臓の持ち主です。

舞台の上で心臓が飛び出すんじゃないかと思うほどバクバクしますが、

まだ一度も心臓が飛び出したことはなく、この通り生きています^^。

 

今回は場内アナウンスの役目も仰せつかっていたので

ピアノ演奏だけに緊張しているわけにもいかず

返って、それが良かったのかもしれません。無事に終わってホッとしています。

 

 

こちらは、毎日 雨ばかり続いています。

雨が続くと、庭の雑草が勢いよく伸び、瞬く間に生い茂ります。

晴れたら草刈りをしなくては。

毎年、秋が来るまでは雑草との攻防戦です。

 

梅雨が明けると、今年も暑い夏になる。

あと何回 夏を数えるだろうと思うと、ギラギラの太陽も愛おしく思える。

はやく夏よ来い。

 

下手くそピアノライフ

来月、ピアノの発表会があります。

大人から(52歳)始めて、今年で10年目ですが、発表会は3回目です。

1回目の発表会で、ピアノの前で真っ白になり呆然自失。

それがトラウマとなり、金輪際、発表会なんて参加しないと決めていたのですが

先生からの強い勧めもあり、昨年から勇気を出して参加しています。

 

都会では大人のピアノ人口が、多いようですが

我が在所のピアノ教室では、大人は私だけです。

孫のような年齢の子たちと一緒に発表会に参加します。

これが、結構恥ずかしいのよ。下手くそだから^^。

 

下手くそだけど、練習が大好きなの。

ですが、練習をしてもしても上手くなりません。

発表会の課題曲を10ヶ月も弾いていますが、

未だ途中で止まったり間違ったりします。

難曲ならいざ知らず、簡単なポピュラー曲なのに、私には難しい。

先生も呆れる程に上手くなりません。

これは、もう向いてないので、止めた方がイイと思いつつ はや、10年目です^^;

 

周囲から「下手の横好き」と蔑まれ^^それでも、毎日が楽しいピアノライフ。

大人から始めた人でも才能のある人は、めきめき上達するようです。

私は音感も悪いし、歌わせると音痴になります。

音楽をするには、最悪の資質です^^

 

 

『天才は、努力するものに勝てない。

努力するものは、楽しむものに勝てない』

 

↑コレ、孔子の言葉らしいのですけど、

下手くそ過ぎて、ピアノを止めようかナって、

悩んでいた時期に見つけた言葉です。

それ以来、上手になることより、楽しむことに活路?を見出しました。

楽しむなら私にも出来る^^;

 

とは言え、発表会だけは楽しめない。

年々、齢と共に緊張度が増していくように思います。

今回も真っ白になって固まったらどうしよう・・と、思うと

心臓がバクっとします^^;

たかが教室の発表会なのにねぇ^^なんて小心者なのかしら。

 

結婚指輪

結婚指輪というものは、長い結婚生活の間、

ずっと身に着けているものなのだろうか。

私の友人たち(結婚30~40年)は、結構な割合で今でも身に着けている。

 

うちは、夫も私も、いつの間にか指から無くなっていた^^;

たぶん結婚3年目あたりには、外してしまって行方が分からなくなっている。

夫が外してしまった理由は分からないが(なぜ?と訊ねた事もない^^;)

私が外した理由はただひとつ。太ったから。

結婚後、アレヨアレヨと20キロ太りました。

このままでは指から外せなくなると大変と思って外し、

その後、姿をみていない・・・^^;

私は、まったくアクセサリーに興味がないので、ジュエリーケースなど持っていない。

なので、どこかに置いたか、仕舞い込んだかしたのだろう。

 

友人たちの、指輪をしている手を見て思った。

すべすべだった若い頃の手から、シミが増え、皺が増えた手になるまでには

数えきれないエピソードがあったに違いない。

その長い年月を共に過ごした指輪にも無数の小さなキズがついている。

当初のキラキラした輝きは無くなったけれど、

まるでいぶし銀のように、誇らしげにその指に収まっている。

 

結婚指輪の由来は、

9世紀のローマ時代に始まった「約束事を守る誓いのしるし」だそうです。

夫婦となり、たがいを慈しみ、終生共に生きることを誓うしるし。

時に、様々な障害により、その誓いを果たせない場合もあるでしょう。

親と暮らした日々の2倍も3倍もの長さを、伴侶と共に生きることになるのです。

無条件で愛してくれた親と違って、

それは、それは・・・夫婦って・・とても大変です^^;

 

共に誓ったその日から30年、50年。

左手の指輪が語るものは、ともに越えた山坂であり、

分かち合った喜びや悲しみなのではないでしょうか。

 

我が家は、今年10月で「真珠婚式」30年です。

よくここまで辿りついたと思います。

辛かったことの大半は思い出せなくて、嬉しかった事の方が記憶に残っています。

なぜでしょうね・・・自己防衛かしら^^。

 

修業が足りない。

ぎっくり腰をやってしまいました。

横になっているのが一番の治療なのですが

何かと所用が多くて、そうもいかず今回は長引いています。

(何度もやっています^^)

 

今日は、腰にコルセットを巻き、友人とお出かけ。

これがイケなかったのか、腰を庇うので股関節まで痛くなり

歩行が困難になってしまいました。

 

若い頃は病気知らずでしたが、今はいろいろ持病があります。

この先、医療費もかかるようになって、若い世代のお荷物になると思うと、

長寿は決して喜ばしいことではないと思ったりします。

20年後は3人に一人が65歳以上。

周りを見渡せば、そこにもここにも高齢者ってことになります。

 

我が家は、3年半後に完全年金生活になります。

ずっと先だと思っていた年金生活は、あっと言う間に来てしまいました。

今は、年金だけでは暮らしていけない時代なので

若い頃から準備をしておかないと大変な事になります。

と、言っても私自身、20年前は老後の事なんて考えられなかった。

その時その時を生きるのが精一杯で、

先のことなど考えられないというのが現実だったと思います。

 

「下流老人」という本を読みましたが

老後、豊かな生活が出来る人は数パーセントで、

それ以外の人は誰でも下流老人になりうるそうですよ。

我が家も他人事ではありません。

 

私は20年後、81歳。

自分の事が自分で出来なくなっているかもしれません。

「生きていたくない」と思っても、

この命の終わりを、自分では決められない道徳社会に生きている以上

どんな姿になっても生きるしか道はないのです。

・・・と、マイナス思考全開でシュミレーションしていたところ、

読書家の友人(70代)から言われました。

「10年、20年先のことを考えても、どうなっているかなんて分からない。そんな先の事を考えて不安がるより、明日 どうするかだけを考えよう」と。

 

なるほど・・・そうだわね^^。

つい、想像力逞しく、それもマイナス思考で考えるので

出口のない真っ暗なトンネルを進んでしまいます^^;

 

更にその友人曰く「やるだけの事はやった人生ならば、ジタバタしないこと」とも。

そ・・そうね^^;

私は、まだまだ修行が足りない。

 

口車の達人

この拙いブログは、私が日々に感じる事や、

還暦過ぎ夫婦の日常をありのままに書こうと思っていますが、

あまり赤裸々に書くと読んでいる方がドン引きしてしまう事もあり得るので

そこは適度にベールに包み書いています。

 

 

ある日のこと

「若い頃の罪滅ぼしに僕は80歳まで働く」と、夫が言う。

いやいや・・気持ちは有りがたいですけど、

80歳まで働かせてくれる所(会社)なんてありませんよ。

だいたい80歳になる頃には、

自分の足で歩いているかどうかさえ保障はないのですから。

脳みそだって、ちゃんと機能しているかどうかも分からないし。

どんな時でも(良く言えば)プラス思考(悪く言えば)能天気な夫は

マイナス思考で慎重な私とは対極にいるように思います。

 

常にマイナス方向にシュミレーションをしてしまう私と

明日もある、何とかなる・・と、考える夫とは話がかみ合う事がなく

最悪のパートナーのように思いますが、

これがまた絶妙なバランスで均衡を保っていました。

 

「何をすればキミに恩返しが出来るかなぁ」とか・・・

「キミはよく頑張るね、偉いよ」とか・・・

「僕が今あるのはキミのお蔭」とか・・・

 

そうなんです・・・うちの夫は口車の達人なのです(自慢できない^^;)

日本男児(死語)にしては珍しい。まるでホスト。

(こんなジィさんのホストはいないでしょうけど^^)

生活の中で適宜 上のような言葉を言ってのけます。

夫は接客業なので、これは一種の職業病ですね^^;

 

この調子なので、むかついても戦闘意欲を削がれます。

夫婦喧嘩をしたのは、いつだったか思い出せないほど昔^^。

仲が良いんだか悪いんだか、いつの間にか空気のような存在になりました。

 

なんだか、夫婦喧嘩をしてた頃が懐かしい^^。